スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

「2010年度総括&2011年度に向けて」

 「2010年度&2011年度に向けて」


こんにちは、共同代表の朴です。

ユメブレスト in 和歌山も無事終わり、気付けばもうこんな季節。

私の住んでいる街では雪が降ったり雨が降ったり急に晴れたりと不安定な天気ですが、

これも春がくるまでの辛抱、いや楽しむべき季節なのでしょうか。


という事で恐らく今年最後になるであろうブログを書きたいと思います。

今回の記事では、本年度2010年度に私たちDream×Possibilityが行った活動を

私の視点から書いてみたいと思います(後に今井からの総括の記事もありますので)


【任意団体 Dream×Possibility 設立】


Dream×Possibilityを設立したのは実は今年の3月だったりします(しかも私の誕生日に笑)

「ユメブレスト」という活動を大分県別府市で始め、そしてその活動を継続的に続けてきて、

そして今井の就職の関係上大阪でも開催するようになりました。


大阪でユメブレストを開催していく中で、大学生だけではなく高校生、社会人、そしてそこに

当てはまらない人にもこの活動はあっても悪くないんではないだろうか、

そんな想いを持ち本格的に活動を始めようという事で今井と朴が2010年3月9日に

当団体Dream×Possibilityを設立しました。


今でもそうですが、まずはやってみる、そして継続する事。

私達の行動原理はここにあると思っています。

そして何より「個人にスポットを当てる事」を何より大事にし、

私たちが話すのではなく、話を引き出す中で「個人の可能性」を引き出したい。

そんな想いで常日頃から活動を行っています。


【ユメブレスト 定期(的)開催】


私たちのメインの活動である「ユメブレスト」。

気付けば今年だけでも、設立後は9月を除く月に毎月ユメブレストを開催していました。


そこにはリピーターの方、初めての方が参加され、

高校生、大学生、社会人、ジャーナリスト、様々な立場、職業、年齢の方が参加されました。

イベント本体のシステムとしてはまだまだ脆弱なのですが、

何より定期的に開催し、そして毎回定員一杯の方に参加して頂けた事。

これは私達の大きな励みになっており、これらは今後も持ち続けたい目標としてあります。


そしていつも参加者の方から学ばせて頂くことばかりだったということ。

これこそ、私たちが考える「個人の可能性」を引き出すという事に繋がっていると思います。


今井と私はいつも「話を引き出そうとしない」傾向にある現代に対して疑問を持ち、

そして私たちはどのイベントにおいても「インタビュアー」として参加させて頂いております。

この「インタビュアー」とは人の話を掘り下げ、しっかり話を聴ける人のこと指します。


勿論自分自身の意見を言えることも現代には必要です。

しかし、こちら側が意見を述べて「個人の可能性」を引き出すのではなく、

相手側の意見を少しでもいいから引き出すことで「個人の可能性」を引き出せるのではないかと私たちはいつも考えています。


ユメブレストは1.自分自身で言語化することからの気付き 2. 他の参加者が言語化した事からの気付き


この2点がある事。これこそが、ユメブレストの最大の特徴だと私たちは考えています。


「やりたい事」「夢」「直近の目標」


話すトピックは極めて単純かもしれません。

しかし「言語化」という作業を付随させることで大きく変わる事がある事、

そして不思議な空間に包まれるという事。

それが「ユメブレスト」だと思っています。


来年度も定期的に開催して参りますので皆様の御参加お待ちしております。


【地方都市や定時制高校でのユメブレスト開催】


これは来年度の目標になるのですが、12月に行ったユメブレスト in 和歌山の様な地方都市でのユメブレストの開催、

更には教育機関、特に定時制や特別学校におけるユメブレストの開催を来年度の大きな目標としております。


これは私たちの理念でもある「個人にスポットを当て個人の可能性を引き出す」に基づいています。

私たちDream×Possbilityは行まずはスポットの当たらない学校、そして個人のいる場所において

ユメブレストを開催することが団体の来年度の目標になっております。


これについては様々なアプローチをして行きたいと思っています。

まだまだ広報及び報告できる状態にありませんが、新たな展開として目標に向かって進んで参りますので

皆様のご協力どうぞ宜しくお願いします。


【朴基浩 個人として】


気付けば3月から走り続けてきた2010年度でした。

私自身、来年度からは関東地方に住居を移し、関東地方でDream×Possibilityの活動を行って参ります。


具体的な場所としては、群馬、埼玉の教育機関やフリースクールへのアプローチを考えております。

そして東京での新たなスタッフの採用も考えております。


人間として正直未熟な所ばかりですが、

Dream×Possibilityの活動を通して本当に多くの方々にお会いさせて頂いており、

多くの方々とお会いさせて頂く中で自分自身が人間的にも組織的にも成長できることに喜びを感じております。

この団体を運営していくこと、それは何より私が楽しいこと、そして成長できる場であると考えております。


社会に対して疑問を持ち続けること、

そしてそれに対して真摯な姿勢で物事に取り組んでいくこと。


年が変わってもこれは変えたくない個人的な理念です。


少し長くなりましたが、2010年度はDream×Possibility及び朴基浩を支えて頂き本当にありがとうございました。

2011年度も着実に前に進んで参りたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。


Dream×Possibility 共同代表

朴 基浩





スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 16:55
  • -
  • -

コメント

30過ぎたおっさんでも需要ある、っていう事にもうビックリだね。
こんなボクでも喜んでもらえて本当に嬉しかったなぁ押ΑΑ
「つぎもよろしくっ!」て言ってたから、次回も期待できそうだ♪
http://cfydsct.das.murapon.net/
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode