スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

【ご報告】クレッシェンド第5期/ECC学園高校大阪学習センター最終回!

11/23(土)ECC学園大阪学習センターにて、
クレッシェンド第4回が開催されました!これが、最後の授業になります。
午前のクラスでは6名、午後のクラスでは10名の高校生が参加してくれました。

クレッシェンド とは?
クレッシェンドとは、通信制高校の生徒のためのキャリア教育プログラムです。さまざまな仕事をしている社会人ボランティアや、大学生ボランティアとの交流を柱として、生徒の自己肯定感の向上と社会関係資本の獲得をめざしています。クレッシェンドでは1クラス(最大10名の生徒)に対し、3ヶ月間で全4回の授業を行います。(この日は、その第4回目の授業でした。)


最後の授業のテーマは「知らない自分を見つけよう!」

今日のアイスブレイクは”ジョハリの窓”です。
この言葉、聞いたことがある方もいるかもしれません。「自分はこういう自分」と思っていることと、「他の人から見えた自分」はちょっと違うことがありますよね。このアイスブレイクでは、「実は自分ってこんな風に見られているんだ!」という他者からの評価を実感し、知らない自分を発見することにあります。


まずはグループに分かれます。ある”お題”に対して、A〜Eの5つの回答があります(例えば:子供のころは、どんな子だった?A.やんちゃ、B.おとなしい、Cいじられ役、D大人っぽい、E.その他)

Yさんは、A〜Eのなかで、自分が最もあてはまると思う回答を選びます。
それ以外のグループの人は、A〜Eのなかで、Yさんが最もあてはまると思う回答を選びます。

えらんだら、「せーの!」で選択したカードを一斉に出します。
Yさんは「(自分は)おとなしい」を選んだのに、他の人からは「(Yさんは)やんちゃ」「(Yさんは)大人っぽい」を選んだり・・・。もしくは、みんな殆ど同じ回答を選んだり・・。「せーの!」の声掛けのあとに、各グループから笑いが起こります。いつも接している友人でも、人に自分の印象を教えてもらうことは、なかなかない経験です。普段どう思っているか伝えてもらえると、なにか背中を押してもらえたような、ジワジワと温かな気持ちになります。


「せーのッ!」

アイスブレイクが終わったら、ふりかえりシートを書きます。そして、授業に参加した他の友人や、ボランティア(コンポーザー)への印象を全員がカードに書いて、最後にそのカードを全員に配ります。

なかには、人と話すのは好きだけど、積極的に話しかけるのがなかなかできない生徒もいます。でもその生徒も、力を振り絞って全員にカードを配布していたのには、驚きました。(相当体力を使ったのか、その生徒は授業を終えてから、教室の外で少し寝ていました。。。おつかれさま・・。)

授業の最後は、コンポーザーから生徒ひとりひとりに、色紙を贈呈しました。生徒ひとりひとりにメッセージを書いてプレゼントしました。「うひゃー!これはまじ嬉しい!こんなことしてもらったの初めて!!泣きそう!!!」と言葉にしてくれた生徒もいれば、照れたようにはにかみながら色紙を受け取る生徒も・・。普段生徒を見ていらっしゃる先生からは、「あの生徒があんなに喜ぶ姿見たことなかったですよ。」とコメントをいただきました。

反応はひとりひとり違うけれど、みんな一様に嬉しそうです。


色紙の贈呈!!

とっても印象的だったのは、第1回の授業では「つまらん、早く帰ろう」と言っていた生徒が、この最終回の授業では文句ひとつ言っていなかったこと。教室に入ってきたその時から、もう雰囲気がまったく違っていました。プログラムも文句ひとつ言わず参加してくれ、そして授業の最後にぽつりと、「いやー、この授業おもしろいわー。」と呟いてくれました(←耳ざといスタッフです・・・!笑)

自分以外の人からのメッセージ、人からの印象を受け取ることは、少し怖いことでもあります。自分のなかに閉じこもっていれば、傷つくこともありません。(たとえば、第1回の授業で、今日ののプログラムは成立しないのです)でも、第1回、第2回、第3回と授業を積み重ね、コンポーザーと関係を築いていった生徒たちは、少しずつ"自分以外の人からのメッセージを受け取れる自分"になっていったようすでした。
少しずつ変化していった生徒と、この3ヶ月間4回の授業で並走できたことが、とても嬉しいです。

この3ヶ月間、生徒に寄り添ってくれたコンポーザーのみなさま。
そしてなにより、授業に参加し続けてくれた生徒のみんな。
ありがとうございました!


 

◆クレッシェンドの様子を、動画でご覧いただけます◆
 朝日新聞(夕刊)2013年4月8日
このBlogで必死にお伝えしているものの、スタッフの力足りずか、やはり何をしているのかわかりづらいクレッシェンド(汗)しかし、下記URLから動画でクレッシェンドの雰囲気を感じていただけます!クレッシェンド卒業生の声も、ぜひ聞いてみて下さい。5分程度の短い動画ですが、お忙しい方は1分50秒あたりからがオススメ。
http://www.youtube.com/watch?v=zQwqCCMRREQ

◆NPO法人D×P(ディーピー)へのご寄付のお願い◆
NPO法人D×P(ディーピー)が提供する、通信制高校生のためのチャレンジプログラム「フォルテッシモ」。「”できない”から”やってみたい”を創るクレッシェンド」に対し、フォルテッシモは「”やってみたい”から”できた”を創る」プログラム。企業インターンなどの学校外での挑戦を通じて、生徒に「経験」の機会を提供します。1日33円から。あなたの投資をお待ちしています!詳細は以下URLから。
http://www.dreampossibility.com/donation-private

◆通信制高校の生徒が制作したフォトブックが販売開始
クレッシェンドの卒業生でもある通信制高校の生徒4名が制作したフォトブックが販売開始しました!引きこもり、不登校などの経験を得た彼らが、カメラを通じて立ち直っていく様子が、写真と文で表現されています。フォトブックの売上は当団体に寄付されます。ご購入は以下サイトから。
http://dpphotobook.webflow.com/

◆寄付つきリップクリーム、販売開始◆
株式会社ココウェルとNPO法人D×Pの協働寄付つき商品「ココファンドリップ」が販売開始しました!ココファンドリップは中退・不登校等の経験を持つ日本の通信制高校生が、フィリピンの貧困を知るスタディーツアーに参加するための資金として寄付されるという商品です。対象リップ1本をご購入いただくごとに、100円がココファンドに寄付されます。
★インターネットでご購入いただけます★
http://www.cocowell.co.jp/fs/cocowell/c/cocofund
また、これからココウェルと提携していらっしゃる全国各地の小売店にて販売をお願いしていく予定です。順次お知らせしてまいりますので、お待ちくださいませ!


スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 13:47
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode