スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

初めまして!新インターン生としてのご挨拶。

はじめまして。
DPインターン生として新しく仲間入りさせていただいた、
白川愛子といいます。
DPでは、川と愛を抜かして、"白子"と呼ばれたりしています。
やっと慣れてきたニックネームですので、
お会いできた際には気軽に白子ちゃんと呼んで下さい。

普段は立命館の大学院生として、"対人援助学"を学んでいます。

思春期を迎えた子どもたちが住みやすい環境、
彼らが平和に暮らせる場所作り、が私の研究テーマです。

プライベートではアジア圏の文化や食べ物が大好きで、
たまにインドネシアに行ったりしています。
タイカレーを始めから作れるようになることがいまの目標です。

自己紹介はここまでとして、私がなぜDPと出逢ったのか、
そしてインターン生になったのかということを、お伝えしたいと思います。

―――――――――――――☆; *:゚*。

「いまの自分を変えたい!もっと自分を好きになってあげたい」という想い。

DPと関わるにあたってはこの想いが根底にあります。
私のDPとの初めての出逢いは、
第三回クレッシェンドでコンポーザーをしたときでした。

誰もが抱えている辛かった過去を克服して、
自分を肯定できるようになりたい、と考えたとき、
その過去と向き合いながら高校生と関わることができる、
そんなコンポーザーに魅了され、すぐに説明会に応募しました。

それは辛かった中学、高校時代に、
たくさんの人にお世話になったことに気がつけたからからでもあります。
お世話になった方々への恩返しとして、
私自身が社会になにかできないか?という気持ちです。

ちょうど、いろんなことがうまくいかなかったり、
落ち込むことが多くあった私にとって、
DPは新しい風を吹かせてくれる場所でした。

―――――――――――――☆; *:゚*。

第一回のクレッシェンドは「失敗なんて当たり前!」。
高校生に負の相対化を体験してもらうために、
コンポーザーが過去の失敗と克服までの
「失敗体験談」を伝えるというものです。

これはとてもしんどい作業でした。
自分が思っていた以上にその過去に
縛られていたことに気がついたり、
嫌いな自分が出てきてしまったり…

高校生の前で話すまではドキドキの連続で、
逃げてしまいそうになったくらいです。

しかし、私たちコンポーザーの話を聞いてくれた高校生は、
「同じ想いをしている人が元気になっているなら、自分も頑張りたい」
と感想を書いてくれました。

これほど嬉しいことはありません。

クレッシェンドを重ねていくうちに、
私は彼らのために話をしていたはずなのに、
どんどん自分が元気になっていることに気がつきました。

それこそが、このクレッシェンドの魔法だと私は思っています。

否定しない、否定されない環境のなかで過ごす時間があると、
人の心はどんどん軽く、元気になっていくのです。

―――――――――――――☆; *:゚*。

この環境作りの秘訣をもっと知りたい!というのが、
インターン生を希望した動機です。

自己紹介でもお伝えしたとおり、私の研究テーマは
「思春期の子どもが平和に暮らせる場所作り」です。

ここでいう「平和」とは、平和学の父ヨハン・ガルトゥングの提唱する、
"暴力のない状態"をいいます。
この暴力とは身体的なもののみならず、
精神的なものも含まれます。

つまり、彼ら/彼女らが心も身体も安心して安全に暮らせる場所という意味です。

心の側面においても平和に暮らすためには、
ありのままの自分を受け入れ、肯定できるようになることが必要です。

DPのクレッシェンドで出逢った大人たちに肯定される経験を持った高校生は、
いままでよりずっと平和的環境で暮らすことができるようになるでしょう。


そしてここでの繋がりや経験を糧に、彼らが自分の辛いことを考え直したり、
それと向き合うことができるようになることがクレッシェンドにおける私の願いです。

―――――――――――――☆; *:゚*。

コンポーザーとしてクレッシェンドに参加したときの想いを糧に、
これからはインターン生としてDPに関わらせていただきます。

コンポーザーを始めとするDP関係者の方々、
どうぞこれからよろしくお願いいたします。

そして、ここまでお読みいただいたDP未経験者の方、
ぜひ高校生と一緒に心を元気にしてみませんか?

ご縁がありましたら、お会いできることを楽しみにしています。

白川愛子

スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 22:52
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode