スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

共同代表今井のエッセイ「「私たちの進んでいる道(5)」」

こんにちは。毎月一回配信のメルマガ「D×P通信」
11月号の配信が今週土曜日と近づいてきました!

今回は10月号でお届けした、共同代表 今井のエッセイ
「私たちの進んでいる道(5)」をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012年度の通信制高校の生徒向けの「クレッシェンド」プログラムも
今月で6回目を迎える。

継続して参加している生徒たちの中には最初は「うん」「はい」などしか
話せなかった子たちがいたが、彼らも積極的に話すようになってきた。
「ボランティアをしたい」「これをやってみたい」
自分からそんな要望を出すようにもなってきた。

彼らはもともと中学生のときに不登校だったり、様々な「しんどい」経験をしてきて
人と話せなかったりしていたと先生から聞いている。
毎回参加してくれている19 〜 39歳の大学生、社会人のコンポーザー(協力者)や
スタッフとの関わりの中で、何か変化が起きているのだと思う。

いま正直思うことは、僕たちの「クレッシェンド」のシステムは改善していかなければ
いけないということ。
どのような事業でも同じことなのだが、
事業を改善していき最適な形で生徒たちに届けて行くこと。
これが僕たちの使命であり、進んでいく道だ。

生徒の行動にはいつも勇気づけられる。
先日、「クレッシェンド」を受けている生徒のひとりが僕と話していて、
「お遍路さんにいく」と言い出した。
それを9月にひとりで実行してきたのだ。1週間、ひとりで歩き続けて最後の日は野宿。

「今までと違って、何か自信になりました」

その子は今月の28日には10kmマラソンに挑戦する。
彼にとっては始めての挑戦。8月から週1度、僕と彼でトレーニングしてきた。

他にも引きこもりだった子が、11月に10kmマラソンに挑戦する。

彼らを純粋な意味で応援したい。
そして、「クレッシェンド」のプログラムを卒業して
自分の生きる方向性や道を見つけいってくれれば嬉しい。

ある学校の先生が僕に言っていた。

「一度でも卒業生を出したら先生」

その通りだと思う。
コンポーザーの方は来年2月にプログラムが終わったあとには
卒業生を出した「先生」になるだろう。

通信制高校と社会を結びつけていき、周りにいる人が学校の「先生」に。
卒業しても関わっていけるような場所になれば嬉しい。

起業して半年が経った。まだまだいけるさ。

<次号に続く>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただきありがとうございました!
今回のエッセイの続きを今週土曜日にメールマガジンでお届けします。
生徒が挑戦した、10kmマラソン当日の様子を今井の目線で語っています。
よろしければメルマガへのご登録いただき、お読みください*

▼登録はこちらよりお願いいたします!
 【メルマガ登録フォーム


スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 15:25
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode