スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

コンポーザーさんのエッセイ 【Potentialist(可能性を見出す生き方)】

おはようございます!今井です。

コンポーザーさん(大学生や社会人で当団体の「クレッシェンド」に
参加されている方)のひとりがfacebookで「クレッシェンド」に
関しての感想等書いてくれていました。

転載の許可をいただいたので掲載させていただきます。
もしよろしければご覧ください!


写真 先日の交流会での1枚。通信制高校の生徒さんに関わっている
   コンポーザーさんの皆さんです。

毎月参加している通信制高校の生徒たちとの交流は昨日で4回目★

高校生たちの成長度合いは人それぞれ。でも回を追うごとに
信頼を積み重ねていって、少しずつ胸に秘めた思い・悩み・夢を
口にするようになってきました(^^)

自分も毎回のプログラム(お題)を通じて人生観を
見直すイイきっかけになるし、前職で「仕事」として
教育に関わってた頃と違い、今は自分を包み隠さず見せれば
彼・彼女たち自身の持つ何かを返してくれる実感があるので楽しい♪

正直、彼・彼女たちの抱える悩みや人生について、私たちが
唯一無二の答えを用意することはできないと思います。
目指す場所や到達具合はさまざまで、それらすべてに
対応して達成するまでフォローし続けても、どこで必ず限界が来ます。


では何のためにやってるのか?


あくまで僕個人の考えとしては、「大人になることを楽しみに
思えるよう、まず自分たちが率先して楽しむ」ことを意識して、
参加しています。


彼・彼女らが今どんな状況に置かれていても、「ココにさえ
来れば楽しみながら未来への希望やヒントが見つかるかもしれない」、
と月に1度くらい思ってもらえれば安心材料になるでしょう。


色んなキャリアを経験してきた人が一同に会する場で、
今いる自分の世界(学校や家庭内など)の外を、高校生のときから
五感で体験できるなんて、そうそうないと思いますよ?

高校生という多感な時期に得た感覚は一生残る大切なものになります。
これは全日制でも通信制でも同じことです。
自分の高校時代を思い返しても、彼・彼女たちのように
将来について深く考えてたかどうか…(汗)

僕のやってきたことが何かひとつでも残って次世代に受け継がれて
くれるよう、望まれる限りこれからも関わっていきたい。



ここまでです。本当にありがとうございます!

NPO法人D×Pに関しては

NPO法人が運営している「クレッシェンド」に関しては

通信制高校に関しては

スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 08:40
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode