スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

第2回公開型勉強会「子どもと共に成長してきた秋桜高校の挑戦」の報告

昨日、第2回公開型勉強会「子どもと共に成長してきた秋桜高校の挑戦」を実施しました。

会場には11名の方にお越しいただき(クレッシェンドのコンポーザーの方も来ていただきました)、学校の先生方の10年間迷いながらも生徒と共に学び、挑戦していったことなど話していただきました。

今回のゲストは秋桜高校の浦田先生と小山先生、教員生活20年を超えるベテランの先生方にお話をしていただきました。


左が浦田先生、右が小山先生。


当日は徳島からも勉強会に参加者が。


当日使った先生方の資料。生徒たちが入学したときに書いた作文から
2年生、3年生のときの作文を載せて、どのように生徒が変わっていったのか、
非常にわかりやすく説明していただきました。生徒の言葉に胸を打たれ、
泣いている参加者の方もいらっしゃったそうです。


秋桜高校は貝塚市にある通信制高校ですが、かなりの割合で「しんどい子」たちが学校に来ています。取り組みとしてユニークなのは先生方全員で生徒の名前を覚えて、半年に1回来たときでも、「◯◯、久しぶり!元気やったか?」と担任でもない先生が迎えてくれる、アットホームな雰囲気を作り出しているところであったり、生徒が提出したレポートに長文の「手紙」を生徒全員に毎回書いていたり。

生徒を受け入れる姿勢に僕も感動しましたし、毎回先生方の話を聞いて学ばれることばかりです。

交流会では一般の方と先生方の話が盛り上がっていました。


↑ 若干、写真が暗いですが、僕も集中して話を聞いたので、これしかなかった笑


交流会が終わった後、先生方と打ち上げにいき、たくさんのことを話しましたが、「教員でいることで大切なことってなんだと思いますか?」と僕の質問に対して、先生方が「悩み続けて、生徒と一緒に悩んで、成長していく姿なのかな」と話していました。20年教員生活をしていても、そういう言葉が出てくるのはすごく重いことだな、と思いました。

また、「なぜ教員を続けられるのですか?」という言葉に対して、先生方のしばらくの沈黙があったあと、ある先生(途中から他の秋桜高校の先生も来られました)は「先輩の先生に支えられているから、つらいことがあっても続けられています」と答えられたり、「辞めるか辞めないか、って結構考えることがあるけれど、それでも支えてくれる先生方がいるし、自分たちが学校の文化を創っていく、その気持ちがあるから辞めない」と話していました。


個人的に思ったのは世間から教員に対して様々なバッシングがあったりしますが、僕が思うに学校の教員の方から学ぶこともすごく多いと思います。会社員にとっても生徒との接し方を見たりすると、後輩の気持ちを受け止めたりすることに役立つと思うし、先生方の成長意欲は子どもができたときの接し方の勉強にもなりますし、個人の成長意欲も刺激します。


うちの研修に学校の先生方を呼んで、行ってもいいな、とも思いました。


昨日は様々なことがアイデアに浮かび、僕にとっても学びの場でした。


この場を借りて、すべての参加者の方、スタッフ、先生方に感謝したいと思います。


本当にありがとうございました!!


共同代表 今井

スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 10:47
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode