スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.29 Friday
  • -
  • -

D×Pの年間教育プログラム「クレッシェンド」参加者募集説明会  〜高校で「先生」と「生徒」になってみませんか?〜

こんにちは!
D×Pスタッフ西野です。

この度、来年度の通信制高校での年間教育プログラム「クレッシェンド」にご参加頂ける方々を募集することとなりました!
教育に興味がある方、いろんな価値観に触れたい方、少しでもプログラム内容に興味がある方、まずは説明会へお越し下さい*

日程が合わない方へ、別日程でのご対応も考えておりますので、少しでも話を聞いてみたいと思った方は、申し込みフォームへお進みください^^


◆クレッシェンドとは◆
高校生が様々なバックグラウンドの大人たち「コンポーザー」と関わり、新たな価値観や世界に触れることができる1年間の授業です。また、コンポーザーにとっても多くの学びが得られる機会となることを目指しています。


◆コンポーザーとは◆
「否定しない」「年下・年上から学ぶ」「さまざまな職業の人から学ぶ」という3つの姿勢を大切に、高校生と関わる方です。
授業では、失敗談や進路を決めたときの話など、ご自身の体験談を語っていただきます。
1年間の授業を通して時には楽しく時には真剣に生徒と対話し、信頼関係を築きながら、生徒の心の居場所づくりをしていいきます。


◆今年度の実施内容◆
2011年度は、大阪市内の通信制高校にて実施しました。
2011年7月〜2012年2月にかけて、計6回のプログラムを実施しました。




高校生からは、
「みんなが楽しく生きていると感じた。苦しいことも今を楽しんでいて、あこがれました」
「たくさんのひとがいてたくさんの話を聞けて楽しかった」
「考え方は一つじゃないということを知れた」
「似たような経験をしている人がいて共感できた」
という声を頂きました。
プログラム後、実際に授業内で話した夢の実現に向けて、動き出している高校生もいます。

コンポーザーの皆様からは、
「純粋に感動した。その日は高揚感が続いた」
「高校生の言葉から学ぶことがあった。《大人になっても向上心を持ち続けることは大切》との高校生の言葉を聞き、自分は謙虚さをなくしていることに気づいた。《常識は社会が変われば変わるし、常識にとらわれないで生きていきたい》という言葉に納得した。」
「高校生の素直さが勉強になった。自分も上司に素直に接しようと思い、その後は少しずつでき始めてきたと思う。また、高校生が素直なため、役に立ちたいと感じた。」
「プログラムを通して、高校生の変化がみられるのが何より感動。」
「自分のこれまでを振り返る機会にもなった。」
という声を頂いています。

少しでもプログラムに興味を持たれた方は、是非一度、お気軽に説明会へお越し下さい!

▼対象年齢
中卒以上の19歳〜39歳の方

▼日時
3月17日(土)
《第1回目》
開場14:30/開始15:00/終了予定16:30
《第2回目》
開場17:30/開始18:00/終了予定19:30

※ご予定が合わない方も、ご興味を持って頂ける方は、申し込みフォームへお進み下さい。
 開始時間選択の際に「別日程希望」の選択をお願い致します。

▼場所
スペースふうら(http://www4.plala.or.jp/fuura/index.html
地下鉄中央線「深江橋駅」から徒歩5分

▼持ち物
筆記用具

▼お申し込みはこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d19beb99186672


【NPO D×P 団体概要】
NPO D×P(2012年5月に法人格取得予定)は、高校生が自律する機会を創造し、高校を卒業した後に社会的弱者にならないための予防をする高校教育支援事業を行っています。
現在は大阪や兵庫、千葉の通信制高校や夜間定時制高校にて活動を進めています。
高校教育支援プログラム『クレッシェンド』やその他の授業において、高校生が様々なバックグラウンドを持つ大学生や社会人と出会い関わり、互いの価値観を肯定しながら共に学びあうことを大切にしています。

スポンサーサイト

  • 2013.11.29 Friday 20:19
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

twitter



selected entries

categories

archives

recent comment

links

mobile

qrcode